本文へスキップ

学生キャッシングの館

 

学生ローンのお役立ち情報サイト

学生キャッシングの概要

学生キャッシングとは、その名の通り学生さんに対して融資を行う消費者金融です。通常は学生ローンとして知られています。

言葉の由来

「学生ローン」という言葉は、本来正しい日本語としては存在しません。
いわゆる造語です。
しかし、現在では「学生ローン」という単語は、一般に広く(特に学生の間で)知られるようになりました。
なぜ、造語にもかかわらず、一般に知られるようになったのでしょうか?
トップページでも簡単に触れていますが、最初に学生ローンを立ち上げフレンド田が「学生ローンのフレンド田」というロゴで看板を出し、これがきっかけで学生ローン各社が追従した格となったのです。
一時、学生ローンのアミーゴが「学生キャッシング」を広めようと試みましたが、あまり浸透しなかったようです。

アミーゴの目論見
インターネットが普及しはじめた2000年初期、アミーゴは「学生キャッシングローン」で、戦略を立てます。
検索キーワードで「キャッシング」は広く使われるだろうと考えたのでしょう。
看板をはじめ、ホームページのタイトルにも「学生キャッシングローン」を採用していました。
しかし、目論見は外れたようで、現在では「学生ローンのアミーゴ」に修正しています。
それだけ「学生ローン」という単語がメジャーになってしまったのでしょう。

学生キャッシングの概要

融資対象者は大学、短大、専門学校、予備校に在学する学生さんであれば、どなたでも申し込みが可能です。(高卒以上)
これが学生専門ローンの特徴です。
学生証でお金が借りられる、しかも当日融資可能である利便性により、多くの学生さんが利用しているのです。

また、一般の消費者金融では収入証明の微求や、会社に勤務する実態を確認する作業がありますが、学生ローンにはこういった手続きがありません。
いくら個人名とはいえ、やはり会社に連絡がくるのは気分が良いものではありませんから、アルバイト先に連絡をするということはしないようにしています。
やはり連絡がいくとなると、顧客は嫌がりますし、学生キャッシング利用の不安要素で最も多いのが身元確認の連絡といわれているからです。
顧客が嫌うことを行うのは、営業上得策ではありません。

では、学生キャッシングはどのようにして本人確認をしているのでしょうか?
これについては、次のページで詳しく解説致します。

要は、本人確認をする為に一番確実であり、手っ取り早い方法の「連絡」を捨ててまで、プライバシーを尊重しているわけです。
つまり、それだけ利用者のことを第一に考えているということなのですね。
たまに「確認もろくにしないで貸す」とバッシングがあるようですが、決して本人確認を怠っているわけではないのです。
それを怠れば貸し倒れのリスクが高まり、結局は学生ローン会社側が損害を被ることになるのですから。

それでは、本人確認方法の具体例をこれから見ていきましょう。