本文へスキップ

学生キャッシングの館

 

学生ローンのお役立ち情報サイト

本人確認方法について

学生キャッシングは本人確認の為に、家族やアルバイト先に連絡をしないことは前のページで説明しました。
これは利用者のプライバシーを第一に考えてのものであることも説明しました。では、本人確認はどのように行っているのでしょうか?

本人確認方法

本人確認方法はいろいろな要素があります。
身分証明証で確認するのは当然ですが、これだけでは不十分です。
最近ではパソコンの普及により、学生証や免許証の偽造は簡単にできてしまうわけですから・・

そこで、学生ローンがどのようにして本人確認を行っているかを説明したいと思います。

@会員カードの復唱
会員カードの記載内容をより細かく記入してもらい、書き終わったら復唱してもらうことによって、例えばでたらめな内容を書いた場合、完全に復唱することはできませんので効果があります。

A固定電話の電話番号帳情報をチェックする
家に固定電話があり、電話帳登録をしていると、電話所有者の住所・氏名などの情報がわかります。記入した会員カードと照らし合わせ、住所などが合致していれば本人確認方法の重要な手がかりとなります。

B住民票
住民票を必須としている学生キャッシングは少ないですが、場合によっては要求されることもあります。
住民票は偽造防止の処理が施されており、コピーをとると「複写」と薄く印刷されるようにできています。したがって、本物の住民票が偽造かがすぐにわかるのです。

Cキャッシュカード
キャッシュカードも必ずしも必須ではありませんが、要求される場合があります。ぜかというと、キャッシュカードは通常、銀行などから書留で配達されるので、ある意味住所確認の役割を果たすのです。

D居住地付近の目立つ建物を言ってもらう
本人の住所や最寄の駅の地図をインターネットで見て、付近の目立つ建物を言ってもらうことによって、本人確認の手がかりとなります。

EFAXマップサービスを利用する
この方法は、一戸建ての建物ならその建物の所有者の氏名がわかります。
また、マンションの場合、部屋ごとの居住者の氏名もわかります。
(わからない場合もありますが)

F学生証のサンプルを収集する
各大学や専門学校の学生証サンプルを収集し、それらと照らし合わせて確認する方法もあります。

他にもいろいろと本人確認方法はありますが、概ね上記のような方法により確認をします。